お受験戦争に打ち勝つ|小学校受験を検討している親必見

子供に合った環境を

塾では自由な進度で進むという特徴があるため、学校よりも進度が早くなおかつ幅広くレベルの高い教育を行うことが出来るようになっているとともに、中学受験に備えた学習方法もしっかりとしたものを定着させることが出来る様になっています。塾の形態が個別指導の場合は、分からない部分をいくらでも反復学習する事が可能です。質問に関しても理解するまで何度でもする事が可能です。授業のスピードが遅くなるというデメリットを挙げる専門家もいますが、理解しないまま先に進む事の方が成績面ではデメリットになるのは明らかです。

個別指導塾の場合は、中学受験対策や授業の復習・予習など、その生徒を対象としたカリキュラムを組む事が出来ます。得意な部分、苦手な部分を、その生徒に合わせて指導する事が可能です。集団クラスの場合は生徒1人1人の苦手な部分はバラバラです。しかしカリキュラムは全員同じものとなります。同レベルの学習能力で作られたクラスであっても、1人1人の苦手な個所は違います。それでもカリキュラムはクラス全員同じものになってしまうのです。1人の生徒を対象としたカリキュラムは学習能力向上の対策を立てるうえでも非常にメリットがあります。個別カリキュラムによる指導であれば、不安な中学受験を控えていても苦手分野の科目に特化して勉強する事も出来るため、十分な備えが出来ると言ってもいいでしょう。

生徒によっては恥ずかしくて質問をためらってしまうような子もいます。このような生徒が塾の集団クラスに入った場合は、質問が出来ず、理解度の低いまま授業が進んでしまう事となります。個別の場合は講師と1対1なので、他の生徒に質問内容を聞かれることもなく、安心して質問出来るのです。中学受験を受ける年頃の生徒さんには精神的に安定した学習環境を用意してあげる事が大切です。学習環境という部分では集団クラスよりも個別指導の方の方が効果的と言えます。